スマートフォンサイトはこちら
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2015年度

No.5 バドミントン/心理的サポート

平成27年4月27日、28日に淑徳巣鴨高等学校と日本橋女学館高等学校にて、今年度から新たに始まった、心理的サポート(メンタルトレーニング)を実施しました。
担当大学:東海大学

サポート選手たちは、4月19日(日曜日)のメディカルチェックを行った際に、心理的競技能力診断検査(DIPCA.3)を受けました。
この検査では、スポーツ選手の一般的な心理傾向としての心理的競技能力(精神力)を12の内容(忍耐力、闘争心、自己実現意欲、勝利意欲、リラックス能力、集中力、自己コントロール能力、自信、決断力、予想力、判断力、協調性)に分けて診断することができます。また、スポーツ選手としての心理面の長所・短所も診断できます。


本日は、この検査結果のフィードバックと今後行っていくメンタルトレーニング及びスポーツ心理学の基礎的な知識について、講習を実施しました。


今年度より新たに始まった心理的サポート。今後は、スポーツ心理学のテクニック用いて、科学的なサポートで選手のメンタル面の強化を図っていきます。


  • 紹介画像1

  • 紹介画像3

  • 紹介画像4

  • 紹介画像5

  • 紹介画像6

  • 紹介画像7

  • 紹介画像8

  • 紹介画像9

  • 紹介画像10

  • 紹介画像11


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る