スマートフォンサイトはこちら
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2015年度

No.34 アーチェリー/トレーニングサポート、栄養サポート、心理的サポート

平成27年7月18日(土)、19日(日)山梨県忍野村での合宿にてサポート実施しました。
(トレーニングサポート担当大学:日本体育大学)
(栄養サポート担当大学:早稲田大学)
(心理的サポート担当大学:東海大学)

トレーニングサポート(担当大学:日本体育大学)

 当日(7月18日)は雨の影響で午前練習が行えなかったため、先日行ったコントロールテスト・コンディションサポートのデータをフィードバックし、午後2時から実射の撮影を行いました。
 選手やコーチから、シューティング時の引き手と押し手や上肢の姿勢を撮影して欲しいとの要望があり、ニーズにあった積極的なサポートができたと思います。練習時の実射映像は、エンド毎にカメラを渡し、映像を確認してもらいました。
 次回のサポートは、インターハイ(於奈良県立橿原公苑陸上競技場)でのパフォーマンスサポートをしています。


栄養サポート(担当大学:早稲田大学)

栄養セミナーを以下の内容で実施しました。

・アスリートの普段の食事
・補食(試合間)の種類や重要性
・試合前、試合後の栄養補給
・コンビニ活用法
 選手たちは、自分自身のからだに関わるということもあり、真剣に話を聞いていました。また、質疑応答では、選手はじめ指導者まで、多くの食に関する質問があがり、有意義な時間になったように感じました。


心理的サポート(担当大学:東海大学)

 今年度二回目の心理的サポートを実施しました。
 今回の講習では、リラクセーションやイメージトレーニング、サイキングアップについて学習しました。
 選手たちは、メンタルトレーニングの重要性を感じていたようにみられました。


  • 紹介画像1

  • 紹介画像2

  • 紹介画像3

  • 紹介画像4

  • 紹介画像5

  • 紹介画像6

  • 紹介画像7

  • 紹介画像8

  • 紹介画像9

  • 紹介画像10

  • 紹介画像11

  • 紹介画像12


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る