スマートフォンサイトはこちら
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2017年度

No.72 陸上中・長距離/トレーニングサポート

平成30年3月7日(水)日本体育大学健志台キャンパスにて、陸上競技(中・長距離種目)の選手を対象にトレーニングサポートを実施しました。
(担当大学:日本体育大学)

測定内容

陸上中・長距離種目に特化した体力要素を評価するためにトレッドミルを用いたラクテートカーブテストを実施しました。今回は早稲田実業高等学校の坂元選手が始めての参加となりました。坂元選手は測定内容やデータ等に興味を持っていることから、測定の合間にスタッフが丁寧に説明している様子が見られました。

 


初めての測定であったが、ラクテートカーブテスト時の最高酸素摂取量は80 ml/kg/minであり、高い有酸素性作業能力を有していることが示されました。
一方で、LT時の走速度は260m/minであり、2月に測定した他の選手よりも1ステージ早くLTが出現しました。
来年度に5000mで勝負をしたいと考えていることなどから、LTおよびOBLAの改善も必要であると考えられました。


  • 紹介画像1

    膝関節屈曲伸展力測定

  • 紹介画像2

    握力測定

  • 紹介画像3

    背筋力測定

  • 紹介画像4

    腹筋測定

  • 紹介画像5

    メディシンボール投げ

  • 紹介画像6

    BODPODによる体組成測定

  • 紹介画像7

    ラクテートカーブテスト前のウォーミングアップ

  • 紹介画像8

    ラクテートカーブテスト前のウォーミングアップ


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る