スマートフォンサイトはこちら
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2018年度

No.21 ウエイトリフティング/パフォーマンスサポート

平成30年7月15‐16日に群馬県のヤマト市民体育館前橋にて第20回全国高等学校女子ウエイトリフティング競技選手権大会が開催され、パフォーマンスサポートを実施しました。(担当大学:日本体育大学)
本大会は、女子の高校総体に位置づけられる女子選手にとって大きな大会です。

サポート内容

 ビデオカメラを選手の右側方10m位置に1台と左右斜め45度の位置に2台の計3台を設置して、カメラ間は無線機で同期を行いサポート選手の挙上動作の撮影を行っていました。映像は、編集を行い、その後インターネットを介して、ウェブにアップを行っています。良かった試技(大会の)の映像を観ることにより、良いイメージを持つことができ、次回の試合に役立てて試合に臨んでもらえればと思います。その他、選手たちは、フォームチェックなど自身で試技の確認ができます。


大会の様子

 大会初日の53kg級に出場した関根葵選手は、スナッチの1試技を失敗し、2試技に同重量を危なげなく成功させて、3試技には重量増加の71kgで挑戦したが惜しくも挙時上成功とはならず、続くクリーン&ジャークでは、1試技の85kgを成功させて、3試技では自己ベストの89kgの挙上を成功させました。初日の最後の58kg級には伊藤麻衣選手と加茂千弘選手の2名が出場しました。伊藤麻衣選手は、スナッチを1位で折り返したが、クリーン&ジャーク競技では3試技全てを失敗したため、トータル記録が無く、全国選抜からの二冠目とはなりませんでした。加茂千弘選手は、スナッチの1試技で60kgの挙上を成功させ、2試技の63kgを失敗、3試技は1kg重量を増加させて64kg挑戦したが挙上成功はなりませんでした。
 大会2日目の女子75kg級に出場した中村美月選手は、スナッチを2試技成功させ、続くクリーン&ジャークの3試技で自己ベストの77kgを成功させ、トータルにおいても自己ベストを更新しました。
 


大会結果

53kg級 関根 葵 S68kg(3/40位)  C&J89kg* (3/41位) T153kg  (3/39位)
58kg級 伊藤麻衣 S74kg(1/46位)  C&J—kg   (--/--位)  T---kg   (--/--位)
63kg級 加茂千弘 S60kg(17/46位)C&J83kg  (5 /48位) T143kg  (7/44位)
75kg級 中村美月 S56kg(10/11位)C&J77kg* (8/11位) T133kg* (9/10位)

※Sはスナッチ、C&Jはクリーン&ジャーク、Tはトータルを示す。
※*は、自己ベストを示す.


 


  • 紹介画像1

    関根選手

  • 紹介画像2

    関根選手

  • 紹介画像3

    伊藤選手

  • 紹介画像4

    伊藤選手

  • 紹介画像5

    加茂選手

  • 紹介画像6

    加茂選手

  • 紹介画像7

    中村選手

  • 紹介画像8

    中村選手


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る