スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2018年度

No.46 陸上短距離・跳躍/トレーニングサポート

 平成31年1月12日(土)から14日(祝月)に味の素ナショナルトレーニングセンター 陸上トレーニング場にて、陸上短距離・跳躍選手のトレーニングサポート及びコントロールテスト・コンデションサポートのフィードバックを実施しました。 (担当大学:日本女子体育大学)

【トレーニングサポート】

 このサポートは、全日本ジュニア強化選手(陸上短距離・跳躍)との合同練習を含むサポートです。サポートスタッフ(指導者)として、日本女子体育大学教授・陸上競技部コーチの石塚浩先生をはじめに、吉田孝久先生(日本女子体育大学)、新井智之先生(日本選手権入賞者)のご協力を頂きました。
 石塚、吉田両先生は全日本強化にも携わっておられ、新井先生は短距離選手として全日本選手権に出場された経歴もお持ちで強力な体制でのサポートとなりました。


【参加したサポート選手】

木村 楓太選手(明星学園高等学校2年)

三宅 慎太郎選手(明星学園高等学校2年)

小林 直樹選手(明星学園高等学校1年)

高橋 哲也選手(八王子高等学校2年)

津川 瑠衣選手(八王子高等学校2年)

上野 弘貴選手(八王子高等学校1年)

大久保 綺更選手(都富士高等学校2年)

麻沼 慎太郎選手(桐朋高等学校2年)

豊田 兼選手(桐朋高等学校1年)

小川 琉生選手(都南葛飾高等学校1年)

 

 今回のトレーニングサポートは、短距離ブロック(新井先生)と跳躍ブロック(吉田先生)に分かれ、練習を行なったり、同世代のトップ選手である全日本ジュニア強化選手達と練習する機会がありました。また、コントロールテスト、コンディションサポートのフィードバックは選手個々に実施し、今後強化していくポイント等を説明しました。
 今回のトレーニングサポートで学んだ事を活かして、今後の競技力向上に役立てて下さい。


  • 紹介画像1

    練習後に短距離ブロックのサポート選手達がクールダウンしていました

  • 紹介画像2

    棒高跳の練習・指導風景

  • 紹介画像3

    CTCSのフィードバック風景


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る