スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2019年度

No.2 ウエイトリフティング/心理的サポート

平成31年4月21日(日)日本女子体育大学にて心理的サポートを実施しました。

【サポートの内容】

本日は以下4つの内容に沿って心理的サポートを実施しました。
・心理的競技能力診断検査の実施・解説
・メンタルトレーニングとは何か?
・やる気を高める目標設定
・人生の目標設定
<心理的競技能力診断検査の実施・解説>
第1回目は、心理的競技能力診断検査(DIPCA.3)を実施し、フィードバックを行いました。
この検査では、心理的競技能力(精神力)を12の内容(忍耐力、闘争心、自己実現意欲、勝利意欲、自己コントロール能力、リラックス能力、集中力、自信、決断力、予測力、判断力、協調性)に細かく分けて診断することができます。
選手は自分自身の結果をみて、自己分析をし、心理的競技能力がどのレベルであるかを知ることができました。
 
<メンタルトレーニングとは何か?>
メンタルトレーニングについて、講師からの説明があり、選手はメンタルトレーニングを行うことの必要性及び趣旨を学ぶことができました。
 
<やる気を高める目標設定>
やる気を高める目標設定では、
・外発的モチベーション(例:家族のため等でモチベーションを高める)
・内発的モチベーション(例:スポーツが好き、記録が上がったとき等でモチベーションを高める)
の2つのモチベーションについて学びました。
 
<人生の目標設定>
選手一人一人が、夢のような目標から最低限度の目標、また今の目標から50年後の目標までの人生の目標スポーツの目標の2点について書き出し、目標を明確にしました。
結果目標に加えて、プロセス目標も結果目標を設定した上で大切であることを学ぶことができました。
 


  • 紹介画像1

    講義を受けている様子

  • 紹介画像2

    目標設定をしている様子


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る