スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2019年度

No.9 陸上中・長距離/パフォーマンスサポート

 令和元年5月18(土),19日(日)、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場にて第72回東京都高等学校陸上競技対校選手権大会(大会期間:5月11日(土),12日(日),18(土),19日(日))が開催され、パフォーマンスサポートを実施しました。 (担当大学:日本体育大学)

【 目 的 】

 本サポートは、ビデオカメラを用いてレースパターンの分析及びハイスピードカメラの映像による走動作のチェックを目的としています。
 


【 サ ポ ー ト 内 容 】

 バックストレート側のスタンド最上段にビデオカメラを設置し、パンニング撮影を行うとともに、ハイスピードカメラを用いてホームストレート側観客席中央の最前列にて、競技中の走動作を撮影しました。これらの映像データは、前回行われたサポートの映像データと一緒に編集してサポート選手に分析結果をフィードバックする予定です。
 


【 大 会 の 様 子 】

 女子3000m予選において、保坂選手が1組2着、増渕選手が2組1着、三輪選手が2組2着、竹内選手が2組10着となり、4選手全員が翌日行われる決勝へと駒を進めました。女子3000m決勝では、錦城学園の保坂選手、増渕選手、三輪選手が終始先頭集団を引っ張り、ラストスパートを制した増渕選手が9分25秒07の好タイムで優勝しました。
 男子5000m予選において、甲木選手が1組1着、関口選手が1組8着、伊東選手が2組1着、田丸選手が2組2着、安部選手が2組3着、石塚選手が2組6着で決勝へ進出しましたが、鍜治選手は2組14着となり惜しくも予選敗退となりました。男子5000m決勝では、國學院久我山の安部選手と伊東選手の一騎打ちとなり、安部選手が1位、 伊東選手が2位となりました。
 次回の予定は、6月14日〜17日に茨城県ひたちなか市で開催される第72回全国高等学校陸上競技対校選手権大会南関東・北関東地区予選会でのパフォーマンスサポートを予定しております。
 


【 出 場 選 手 の 成 績 】

増渕祐香  女子3000m決勝  9:25.07 1位

保坂晴子  女子3000m決勝  9:32.18 2位

三輪南菜子 女子3000m決勝  9:41.65 5位

竹内明音  女子3000m決勝 10:35.84 19位

安部柚作  男子5000m決勝 14:30.57 1位

伊東大翔  男子5000m決勝 14:30.95 2位

石塚陽士  男子5000m決勝 14:34.09 5位

田丸 颯  男子5000m決勝 14:35.52 6位

甲木康博  男子5000m決勝 14:38.59 7位

関口絢太  男子5000m決勝 14:44.15 8位

鍜治 晃  男子5000m予選 15:50.87 予選敗退


  • 紹介画像1

    女子3000m決勝における増渕選手(右)、三輪選手(中央)、保坂選手(左)

  • 紹介画像2

    撮影を行うサポートスタッフ


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る