スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2019年度

No.22 レスリング/コントロールテスト

 令和元年6月22日(土)国士舘大学多摩キャンパスにて、レスリングサポート対象選手にコントロールテストを実施しました。
(担当大学:国士舘大学)

【目的】

 レスリング競技に必要な基礎体力及び筋力を評価し、今後のトレーニング内容の検討・改善に役立てることが目的です。


【測定内容】

 コントロールテストでは、瞬発力「30mダッシュ」「立ち幅とび」「メディシンボール投げ」、筋力「スクワット」「ベンチプレス」「握力」、敏捷性「反復横とび」、筋持久力「上体起こし」および全身持久力「20mシャトルラン」の9種目のテストを行いました。

 今年度は新規選手のみであったため、測定を開始する前に測定意義等の説明を行いました。

今後は、今回の測定結果のフィードバックを行う予定です。


  • 紹介画像1

  • 紹介画像2


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る