スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2019年度

No.28 【スポーツ医・科学人材派遣事業】スポーツクライミング競技

令和元年7月27日、スポーツ医・科学人材派遣事業の人材派遣を実施しました。

スポーツクライミング競技

  「第74回国民体育大会関東ブロック大会」に、柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等の資格を持つ2名トレーナーを派遣し、東京都国体代表選手に対して、大会中のケアやリカバリーを行いました。
トレーナーは当事業団のスポーツ医・科学人材バンク(※1)に登録され、スポーツ医・科学人材派遣事業(※2)にご協力いただいている方々です。
 
  試合前のアイソレーションルームでは、出場選手の突発の怪我や不調に備える目的で帯同しました。
  スポーツクライミングでは壁のホールドを持ち登っていくため、前腕の筋肉を酷使します。トレーナーは競技が終わると、アイシングや全身マッサージを行い、必要に応じて鍼治療やストレッチも指導しました。
トレーナーは選手たちとのコミュニケーションも大事にしていて、今回初対面であった選手とも上手く連携を図り、選手たちはとてもリラックスして試合に臨めたとのことでした。
 
  今大会で成年女子、少年女子の本国体出場が決まりました。本国体での活躍も期待しています!
 
  (※1)スポーツ医・科学人材バンクでは、スポーツ医・科学の専門家であるスポーツドクター、トレーナー、管理栄養士及び栄養士等の人材データを集積しています。また、スポーツ医・科学人材派遣事業と連動して講習会や強化練習会等に登録者を派遣します。
 
  (※2)スポーツ医・科学人材派遣事業は、オリンピック・パラリンピック対象競技や国体競技の団体等が実施する講習会や強化練習等にスポーツ医・科学人材バンクの登録者を派遣する事業です。


  • 紹介画像1

  • 紹介画像2

  • 紹介画像3

  • 紹介画像4


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る