スマートフォンサイトはこちら
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。




各施設改修工事詳細

メインアリーナ

 メインアリーナでは、アリーナ面を研磨し、観客席床を全面張り替えました。
また、移動席を新たに設置することで車椅子エリアを拡大し、バリアフリー環境を整えました。
これにより、スポーツをする人をはじめより多くの方々が、快適に施設を利用できるようになりました。

 メインアリーナのオーロラビジョンは、制御システムの老朽化が進んでいるため、入替を行い、ビジョンの大きさは、表示面積5%増となる365インチとなりました。
 さらに、LEDディスプレイによる消費電力を10%減いしたことで、鮮明な映像及び情報提示が提供できるようになりました。
 また、老朽化していた制御システムにおいては、ハイビジョン信号を基本とした最新のシステムを導入し、様々なスポーツ競技・イベント等に対応できるようになりました。
オーロラビジョン
陸上競技場・多目的コート  陸上競技場と多目的コートについても改修工事を行いました。
陸競技場のトラックについて、ウレタン舗装の表面に凹凸が発生していたトラックの4分の1程度の範囲は、ウレタン舗装、ウレタン舗装下のアスファルト舗装を撤去し、アスファルト舗装、ウレタン舗装の新設を行いました。
それ以外の範囲においては、摩耗等で傷んでいるウレタン舗装の上層部を2mmの厚さで削り取り、3mmの厚さでウレタン舗装の新設を行いました。
また、陸上競技場入口通路部のインターロッキングブロック舗装の撤去と新設を行いました。
 多目的コートについても、人工芝をクッション性に優れているロングパイルに張替え、より快適に利用できるようになりました。 

 今回の大規模改修工事の重要な位置づけになっている1つが、ユニバーサルデザインに対応できる施設の改修でした。
 車椅子利用者の方が、よりスムーズに施設内に出入りできるよう、メインアリーナン1階正面入口に繋がる既設スロープについても、通路幅を広くしたり傾斜を緩和したりと補修工事を実施いたしました。
 また、車椅子スペースの増設、だれでもトイレの設備増設等、東京体育館メインアリーナで実施される国際大会や大規模大会など、今まで以上に観戦いただける機会が増えることを期待しております。
新設スロープ
既存スロープ(補修)
屋内プール(50m)
屋内プール(25m)
 プールの改修工事は、50m、25mともにプール再度床を削って全面タイルの張り替えを実施し、見た目にも爽やかな印象となりました。
 また、床暖房の設置や、採暖室の全面改装、シャワー設備の改修を行い、季節に関係なく1年中快適にご利用いただけるようになりました。
 メインアリーナでは、控室、救護室、特別室等の内装改修工事を実施したほか、更衣室廻りの通路、シャワー設備を全面改装しました。
 また、トイレについても内装改修工事を行い、ウォシュレット、ベビーベッド・チェアを設置したことにより、小さなお子様連れのお客様にも使いやすい施設となりました。
 サブアリーナでも、サブアリーナ面の研磨、壁面補修、会議室、控室、更衣室等内装全面改修を行いました。
 その他、外溝部に新たに案内サインを新設したり、館内誘導サインを更新し、利用者のみなさまにとってより利用しやすい施設となりました。
サブアリーナ
第1会議室

ページの上部へ戻る
toto

東京体育館 〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷1-17-1