ゲストオリンピアン

オリンピアンの紹介

  • 青木 愛 あおき あい さん

    2008年北京五輪大会アーティスティックスイミング日本代表選手

    地元の名門クラブで水泳を始め8歳から本格的にシンクロナイズドスイミングに転向する。
    2005年には世界選手権代表(肩のケガで出場機会なし)、2006年にはワールドカップ代表としてチーム種目銀メダルを獲得している。欧米選手に見劣りしない容姿は「ビューティーマーメイド」と称されチーム演技の核とされた。北京五輪大会後に現役を引退しテレビなどメディア出演やモデル、レポーターとしてアーティスティックスイミングに捉われず幅広く活動している。

  • 寺村 美穂 てらむら みほ さん

    2016年リオデジャネイロ五輪大会・
    2021年東京五輪大会日本代表選手

    3歳から水泳を始め小学3年生からジュニアオリンピックに出場し、15歳の全国中学校水泳大会では中学新記録で優勝。2度の膝の手術を乗り越え2020年日本選手権で初優勝を飾り、その後2大会連続のオリンピック出場権を獲得した。
    「黄金世代」と呼ばれた萩野公介選手や瀬戸大也選手と同学年であり、東京五輪大会後に現役を引退してからは、スポーツが与える力を多くの人に伝えるためイベントや講演出演など積極的に活動している。

  • 足立 聖弥 あだち せいや さん (kingfisher74)

    水球男子日本代表「ポセイドンジャパン」メンバーであり、2016年リオ五輪大会・2021年東京五輪大会の日本代表選手

    学生時代から水球を始めリオ五輪時は唯一の現役大学生として出場した。攻撃への優れた感性を持ち、相手が予測できない鋭いドライブだけでなくミドルシュートも狙えるスピード・力強さを併せ持つ稀有な選手である。
    「新時代のポイントゲッター」と評価され現在も世界選手権やワールドカップなど世界大会で現役選手として活躍している。