スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2015年度

No.60 アーチェリー/コントロールテスト&コンディションサポート

 平成27年12月19日(土曜日)に日本体育大学にてアーチェリー競技のコントロールテスト&コンディションサポートを実施しました。
(担当大学:日本体育大学)

測定項目

測定項目は以下のとおりです。
コントロールテスト【基礎体力テスト】
コンディションサポート【形態計測、身体組成及び筋力測定】


コントロールテスト&コンディションサポート

 コントロールテスト&コンディションサポートを通じて、現時点のコンディションを確認出来ます。

 形態計測の結果は、前回と比較して体重、除脂肪量及び体脂肪量に大きな変化はみられませんでした。
 基本的な体力テストの握力、メディシンボール投げ、シャトルランでは前回に比べて高い値を示しました。


 前回測定を行った際には、自主練習を行っている選手は一人であったが、今回の測定時に聞き取りを行うと、男子選手のほとんどが自主練習を行っており、選手自身が競技力を上げるには基礎体力向上の必要性があると感じているようでした。
 基本的な体力テストの向上がみられたことは、選手自身が部活動の練習で足りない部分を補っている効果であると考えられます。


次回のトレーニングサポートは、3月13日(於 埼玉県南埼玉郡はらっパーク)の全国選抜前の強化合宿を予定しています。


  • 紹介画像1

  • 紹介画像2

  • 紹介画像3

  • 紹介画像4

  • 紹介画像5

  • 紹介画像6

  • 紹介画像7

  • 紹介画像8


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る