スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2016年度

No.27 ボクシング / パフォーマンスサポート

 6月11日(土)、12日(日)に、府中東高校にて平成28年度東京都高等学校ボクシング選手権大会兼国体選考会が開催され、パフォーマンスサポートを実施しました。
(担当大学:国士舘大学)

 ボクシング競技では、試合中に撮影した映像データをゲーム分析に利用し、指導者や選手に有効な情報として提供を行っています。分析項目としてラウンド毎のパンチ数や種類(ジャブ、ストレート、フック等)などがあります。それらを試合の反省や課題の発見に役立て競技力の向上を目指しています。

 今大会は、2名のサポート対象選手が出場しました。
 村野 航 (都立南平高校3年)  ライト級
 日向 大樹(都立足立東高校1年) ライト級


6月11日

 この日は、出場しているサポート選手の中で村野選手のみ試合が行われました。
 村野選手は、1ラウンド、2ラウンドで有効打を浴びせ、3ラウンドでダウンを奪い、そのままTKO勝ちを納めました。これにより、翌日の2回戦に駒を進めました。


6月12日

 この日は、出場しているサポート選手2名が試合を行いました。

 村野選手
 1ラウンドから相手の猛攻に耐えつつ有効打を積み上げ、2ラウンドも相手の猛攻を受ける場面もあったが有効打を随所に浴びせました。最終ラウンドは、お互いに疲れが見えましたが、気力を振り絞り両者ともパンチを繰り出し続けたところでゴングが鳴り試合終了となりました。
 結果は、村野選手が判定勝ちを納めました。

 日向選手
 この日が初戦となった日向選手は緊張感ある面持ちでしたが、試合が始まるといきなり1ラウンドに相手からダウンを奪いました。
2ラウンドでも有効打を浴びせ相手からダウンを奪い、そのままTKO勝ちを納めました。

 2名のサポート選手は、今週末18日に行われる3回戦に駒を進めました。試合中に撮影した映像データをゲーム分析に利用し、試合の反省や課題の発見を次回に活かしていくのでぜひ応援よろしくお願いします。また今回と同様のパフォーマンスサポートを予定しています。


  • 紹介画像1

    6月11日 村野選手(青)

  • 紹介画像2

    6月12日 試合前の村野選手(青)

  • 紹介画像3

    6月12日 村野選手(青)

  • 紹介画像4

    6月12日 日向選手(赤)

  • 紹介画像5

    6月12日 日向選手(赤)勝利の瞬間


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る