スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2016年度

No.44 アーチェリー/2016情熱疾走 中国総体

平成28年8月8-10日の日程で、平成28年度 全国高等学校総合体育大会アーチェリー競技大会 兼 高円宮賜牌 第49回全国高等学校アーチェリー選手権大会が広島県広島市のコカ・コーラウエスト広島スタジアムにて開催され、パフォーマンスサポートを実施しました。
担当大学:日本体育大学

大会でのサポート選手の様子

大会1日目は予選ラウンド(男女)が開催されました。予選ラウンドでは、男女上位64名の選手が翌日の決勝ラウンドに進みます。男子選手230名、女子選手217名が出場し、決勝ラウンドに進むことも簡単にはいかない状況です。
今大会には東京都のサポート選手4名が出場しました。
昨年、この大会で個人4位となっている日体桜華高校3年の木村選手が、序盤からショットの精度を欠き、まさかの予選敗退となってしまいました。他3選手については、危なげなく予選ラウンドを通過し、翌日の決勝ラウンドに進みました。


大会2日目は個人の決勝ラウンドが行われました。決勝ラウンドには、女子予選ラウンドを8位で通過した古川選手(日本工業大学駒場高校2年)、16位で通過した鈴木選手(日本工業大学駒場高校3年)、男子予選ラウンドを33位で通過した大西選手(早稲田大学高等学院3年)が出場しました。
古川選手は、決勝ラウンド一回戦、二回戦と勝ち進み、三回戦では序盤リードをしていましたが、あと一歩のところで得点が取れず、シュートオフの末、今大会の優勝選手に敗れる結果となってしましました。
鈴木選手は、決勝ラウンド一回戦(シュートオフ)での敗退という結果になりました。
大西選手は、一回戦を危なげなく通過し、二回戦では予選ラウンド1位通過の選手との対戦となりました。最後まで粘るもあと一歩及ばず二回戦敗退となりました。


連日、暑い中での試合となり、集中力を維持するのが大変だったと思います。また、風も強く吹く場面や、雷の影響で一時試合の中断等もありました。諦めず、最後まで集中し、必死に戦う姿は、観ている人に感動を与えてくれました。
素晴らしい試合をありがとうございました。


大会出場選手及び結果 

女子
古川 由紀乃 個人 9位
       団体 5位
鈴木 日和  個人 決勝ラウンド一回戦敗退
       団体 5位
木村 美保  個人 予選ラウンド敗退

男子
大西 拓磨  個人 決勝ラウンド二回戦敗退


今後のサポート予定

パフォーマンスサポート
8月21日 関東ブロック選手権大会


  • 紹介画像1

    予選ラウンドでの木村選手

  • 紹介画像2

    予選ラウンドでの木村選手

  • 紹介画像3

    予選ラウンドでの古川選手

  • 紹介画像4

    やとりでの古川選手

  • 紹介画像5

    決勝ラウンドでの古川選手

  • 紹介画像6

    決勝ラウンドでの古川選手

  • 紹介画像7

    予選ラウンド終了後の鈴木選手

  • 紹介画像8

    決勝ラウンドでの鈴木選手

  • 紹介画像9

    決勝ラウンドでの鈴木選手

  • 紹介画像10

    予選ラウンド終了後の大西選手

  • 紹介画像11

    決勝ラウンドでの大西選手

  • 紹介画像12

    決勝ラウンドでの大西選手

  • 紹介画像13

    日体大サポートスタッフ

  • 紹介画像14

    即時フィードバック


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る