スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2017年度

No.22 カヌースラローム/コンディションサポート&コントロールテスト/トレーニングサポート

平成29年6月11日(日曜日)、日本体育大学健志台キャンパスにてカヌースラローム競技のコンディションサポート・コントロールテスト及びトレーニングサポートを実施しました。

測定項目

形態計測、身体組成、筋力および基礎体力テストに加えて、カヌー競技に特化した体力要素を評価するカヌーエルゴメーターを用いたラクテートカーブテストを実施しました。


結果

高校1年の瀧口選手は、半年前の測定から体重が約5kg増加したが、体脂肪率には変化が見られなかったことから、身体組成のコンディショニングが好ましい方向へ向かっていると考えられました。
また、同じく
高校1年の武藤選手の最大酸素摂取量(64.3ml/kg/min)であり、この値はシニア選手と比較して遜色ない値でした。瀧口選手は、最大酸素摂取量に変化が見られないものの、最終ステージのパワーは160ワットに挑戦し、徐々に日本トップ選手のラクテートカーブに近づいていることが示されました。

 


  • 紹介画像1

  • 紹介画像2

  • 紹介画像3

  • 紹介画像4


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る