スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2017年度

No.34 レスリング/パフォーマンスサポート

 平成29年8月1日〜8月2日まで山形県 三友エンジニア体育文化センターにて平成29年度全国高等学校総合体育大会レスリング競技大会及び三笠宮賜杯第64回全国高等学校レスリング選手権大会が開催され、パフォーマンスサポートを実施しました。
(担当大学:国士舘大学)

【サポート内容】

 試合中にマット側方から1台のカメラを用いて撮影された映像データを動作分析やゲーム分析に利用し、指導者や選手に有効な情報として提供しています。
その映像データを大会期間中にも、次の試合に備えるため即時フィードバックとして選手に提供しております。
 

 今後は今大会で撮影した映像データを後日サポートスタッフがDVDに移して、フィードバックとして指導者や選手に提供する予定です。


【サポート対象選手の出場について】

<男子個人対抗戦55kg級>
  森川海舟選手(自由ヶ丘学園高校2年) 2回戦敗退
<男子個人対抗戦74kg級>
  今村大地選手(自由ヶ丘学園高校2年)ベスト8
 
 階級を55kg級に上げて臨んだ今大会の森川選手、初戦は4−2で勝ち2回戦進出を決めました。次の相手は団体戦優勝校の選手で、この階級の優勝候補でした。両者ともに攻防激しく、森川選手は攻めに守りに必死に戦いますが、惜しくも及ばず2−1で惜敗しました。
 
 
 今村選手は、1回戦を8−0の判定勝ちで危なげなく突破しました。2回戦は、果敢に攻め続け試合を比較的優位に進めていきますが、相手に隙を突かれポイントを奪われてしまいます。2ピリオドも攻めますが相手の守備が固く攻めあぐねますが、制限時間残り5秒ほどでポイントを奪い、逆転に成功しそのまま5−6で勝利しました。
3回戦は、1ピリオドで両者ともに反則を取られ2−1のリードした状況で折り返します。2ピリオドは積極的に攻め続けますが残り15秒で相手に足を取られて得点を奪われてしまいます。残り5秒で2ポイントを奪い返しますが及ばず6−4で敗退となりました。
 
 森川選手、今村選手ともに今回のインターハイで経験したことを糧にして今後に活かして欲しいと思います。また応援してくださった方々、ありがとうございました。

 


  • 紹介画像1

    森川海舟選手(青)

  • 紹介画像2

    指導者のアドバイスを聞く森川選手

  • 紹介画像3

    森川選手(2回戦)

  • 紹介画像4

    残り数十秒で逆転勝利した今村大地選手(青) 2回戦

  • 紹介画像5

    指導者のアドバイスを聞く今村選手

  • 紹介画像6

    今村選手

  • 紹介画像7

    国士舘大学のサポート風景 映像データをタブレットに移している所


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る