スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2017年度

No.37 アーチェリー/パフォーマンスサポート

平成29年8月10-12日の日程で、平成29年度 全国高等学校総合体育大会アーチェリー競技大会 兼 高円宮賜牌 第50回全国高等学校アーチェリー選手権大会が宮城県利府町のひとめぼれスタジアム宮城にて開催され、パフォーマンスサポートを実施しました。
担当大学:日本体育大学

サポート内容(目的)

競技中のシューティング動作をビデオ撮影し、個々の選手が自分のフォーム確認を行い、次の試技や次大会に活かすことを目的に行っています。映像は、サポート選手の斜め右側約15m観客席から、3台のビデオカメラと1台のタブレット端末を用いて予選ラウンド12エンドと決勝ラウンドのシューティング動作の撮影を行いました。
大会でのパフォーマンスサポートの映像は、既にインターネットを介してウェブにアップを行っており、選手が各々(みたい時に)確認できるようになっております。


大会でのサポート選手の様子

初日の午前9時から開始した男女の個人戦予選ラウンドでは、次の日以降の個人戦決勝ラウンド進出するために約200人から64人に絞り、サポート選手5名中4名が個人戦決勝ラウンドに進出しました。
特に矢島選手と古川選手は予選ラウンドが好成績であり期待されていたが、共に個人戦予選ラウンドをギリギリで通過した選手に敗戦してしまいました。
今年度からサポート対象選手となった小林選手は、個人決勝ラウンド3回戦まで進み個人戦準優勝した選手に惜しくも敗退しました。
また、団体戦は個人予選ラウンドに出場した選手4名中3名の総得点で上位16位までが決勝ラウンドへ出場することができることから、東京都男女は共に団体戦決勝ラウンドへと進みました。最終日の団体戦は、気温が低い中行われたが男女共に準々決勝まで進み善戦し5位入賞を果たしました。


結果

個人(男子) 
小林  司     選手     決勝トーナメント3回戦敗退
石井 佑哉   選手     決勝トーナメント2回戦敗退

個人(女子) 
古川由紀乃 選手     決勝トーナメント1回戦敗退
矢島 萌音   選手     決勝トーナメント1回戦敗退
浅岡 知穂   選手     予選敗退 予選92位(64位までが通過)
団体(男子)  駒場東邦高校                  5位入賞
団体(女子)  日本工業大付属駒場高校   5位入賞
*()内は予選ラウンド通過順位と点数
*本大会では予選ラウンド以降はトーナメント方式での 2分3射の5セットマッチ
 


  • 紹介画像1

    小林選手

  • 紹介画像2

    小林選手

  • 紹介画像3

    石井選手

  • 紹介画像4

    石井選手

  • 紹介画像5

    古川選手

  • 紹介画像6

    古川選手

  • 紹介画像7

    矢島選手

  • 紹介画像8

    矢島選手

  • 紹介画像9

    浅岡選手

  • 紹介画像10

    浅岡選手

  • 紹介画像11

    駒場東邦高校(男子団体)

  • 紹介画像12

    日工大駒場高校(女子団体)

  • 紹介画像13

    大会風景(小林選手)

  • 紹介画像14

    大会風景(日工大駒場高校)

  • 紹介画像15

    大会風景(石井選手)

  • 紹介画像16

    大会風景(表彰式前)

  • 紹介画像17

    大会会場風景

  • 紹介画像18

    大会会場風景

  • 紹介画像19

    大会会場風景

  • 紹介画像20

    サポートスタッフ(撮影)風景


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る