スマートフォンサイトはこちら
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
子供から大人まで、一人ひとりの充実したライフスタイルを応援します。

医・科学サポートmedicine / science support

トップページ > 競技力向上 テクニカルサポート事業 > 医・科学サポート > レポート詳細

レポート詳細一覧へ

2013年度

No.145 パフォーマンスサポート/アーチェリー

アーチェリーのサポートは今年度初の活動です。

平成25年5月26日(日曜日) 駒沢公園第一球技場にて東京都インターハイ予選が行われました。(担当大学:日本体育大学)

今回のサポート内容は、インターハイ予選の映像撮影でした。サポート対象選手は、継続選手3名と新規選手(ジュニアアスリート3期生を含む)7名で、昨年の関東大会(優勝、丹治選手)、インターハイ(ベスト8、丹治選手、窪田選手)の活躍から、継続選手が期待されていました。
サポートは、カメラ台数の制限も含め、選手には試合を通してどのエンド(6本×12エンド)で撮影して欲しいかなど、要望を募りながら行われました。


試合展開

試合内容は、前評判と異なり、特に継続選手3名は苦戦を強いられ、一方で、新規選手の活躍が目立ちました。
結果として、女子は丹治選手が優勝、団体戦で新規選手の長澤選手がインターハイの出場権を獲得し、丹治選手は本調子ではない苦戦を強いられた中で結果を残すことができました。
国体選手選考は、7月の最終選考によって、代表選手男女共に3名が選出されます。


結果

男子
3位  池田一樹 NIT
5位  森安央 NIT
9位  窪田晟也 NIT
12位 川口純一朗 国士舘
女子
1位 丹治里穂子 NIT
2位 水澤由美 都山崎
6位 楠見陽菜子 NIT
7位 長澤彩夏 慶応女子
8位 森陽愛子 都武蔵  (ジュニア3期生)
9位 隈江加奈 立川国際 (ジュニア3期生)


夏に向けてがんばれ アーチャー!!


  • 紹介画像1

  • 紹介画像2

  • 紹介画像3

  • 紹介画像4


このページのお問い合わせ
競技力向上 テクニカルサポート事業03-5413-6923

レポートアーカイブ

年度別一覧     年度

ページの上部へ戻る