1964年の第18回オリンピック東京大会を中心に、オリンピックの諸資料を展示しています。常設展では、聖火リレートーチ(約1.2kg)など競技に使われた用具に直接手で触れて、その重さを体感できるほか、種目別の特別企画展を一ヶ月毎に開催しています。また、スポーツを体験・体感できるゾーンがあり、世界の記録などを身近に感じることができます。

入場料

無料

開館時間

9:30~17:00
休館日 月2回程度

  • 原則、第1・3月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、年末年始12/31~1/2

休館日情報

*令和4年度休館予定

《9月》
 5日(月)、12日(月)

《10月》
 3日(月)、17日(月)

《11月》
 7日(月)、21日(月)

《12月》
 5日(月)、19日(月)、31日(土)

主な展示内容

1964年東京大会
~熱戦の舞台となった駒沢~

  • 日本女子バレーボールチーム優勝の瞬間
  • 公式ユニホーム、ジャージ
  • 運動場内6施設で4競技を開催(サッカー、バレーボール、ホッケー、レスリング)
1964年東京大会~熱戦の舞台となった駒沢~

1964年東京大会
~感動の開会式から閉会式へ~

  • 大会公式ポスター(4種類)
  • 感動の開会式から閉会式までの名場面
  • 懐かしい名選手
  • 感動の名プレー
1964年東京大会~感動の開会式から閉会式へ~

「オリンピック史」から「近代オリンピック」へ

  • 近代オリンピックの歴史
  • 近代オリンピックの感動場面
「オリンピック史」から「近代オリンピック」へ

スポーツの体験・体感ゾーン

  • スピードガンによるスピード測定
  • 用具の重さや高さの実感
  • 走り高跳び、棒高跳び、三段跳び、走り幅跳びの記録体感(東京大会、現世界記録、現日本記録)
スポーツの体験・体感ゾーン

種目別特別企画展

  • 1ヵ月ごとの展示替え
  • 競技種目の紹介
種目別特別企画展
  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、団体予約はただいま受け入れておりません。

  • 団体(10名以上)でのご来館は、ご予約が必要となります。
    事前にご連絡ください。(03-3421-6199 駒沢オリンピック公園総合運動場 サービス担当)
  • 小中学校などの団体入場の場合は、事前にお申し込みいただければ説明や案内などを行います。

企画展示コーナーのお知らせ

ただいま展示中の企画展示は、「東京2020大会 アーカイブ資産等」となります。
聖火リレートーチや聖火ランナーのユニフォーム、また東京2020オリンピック・パラリンピックのマスコットキャラクター「ミライトワ」と「ソメイティ」のフォトスポットがございます。
ぜひ、ご覧ください。

東京2020大会 アーカイブ資産等
このページのお問い合わせ

駒沢オリンピック公園総合運動場 サービス担当

03-3421-6199

よくあるご質問はこちらお問い合わせ一覧はこちら

スポーツ復興くじ
私たちはスポーツ復興くじ助成を
受けています。