テクニカルサポート事業

競技力向上 医・科学レポート

【スポーツ医・科学人材派遣事業】ボート競技

2020年03月02日

令和2年2月24日、スポーツ医・科学人材派遣事業の人材派遣を実施しました。

ボート競技

 団体からの依頼を受け、スポーツメンタルトレーニング指導士の資格を持つトレーナーを派遣し、東京都国体候補選手(少年男子、少年女子)に対して、メンタルトレーニング講習を実施しました。
トレーナーは当事業団のスポーツ医・科学人材バンク(※1)に登録され、スポーツ医・科学人材派遣事業(※2)にご協力いただいている方々です。

今回は、メンタルトレーニングを初めて受講する選手がほとんどであったため、最初に各選手の心理面における長所・短所を把握するために、心理テストを行いました。
続いて、講義では「メンタルトレーニングとは何か」から始まり、「目標設定」や「試合に向けたトレーニング」についてお話しいただきました。ペアワークを交えた講義や、動画・音楽を活用した内容で、選手たちも楽しそうに講習を受けていました。トレーナーからは、「試合前のプレッシャーは特権」であり、「緊張を前向きに捉える」ことで、パフォーマンスの向上に繫がるとのことでした。

今後の選手たちの活躍を期待しています!

(※1)スポーツ医・科学人材バンクでは、スポーツ医・科学の専門家であるスポーツドクター、トレーナー、管理栄養士及び栄養士等の人材データを集積しています。また、スポーツ医・科学人材派遣事業と連動して講習会や強化練習会等に登録者を派遣します。

(※2)スポーツ医・科学人材派遣事業は、オリンピック・パラリンピック対象競技や国体競技の団体等が実施する講習会や強化練習等にスポーツ医・科学人材バンクの登録者を派遣する事業です。